読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーぐるじゃんぷ

個人的に気になるガジェットやゲーム、日々の雑記などを紹介するブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

あのゲーム機がついに届いた!

ついにあれが我が家にも届きましたよ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

眠たいまぶたを擦りながら何とか予約できた端末・・・・

そう!あのゲーム機!ニンテンドースイッチです!

 

早速、端末や実際の使用感などを紹介していきたいと思います!

 

f:id:kerneln:20170409175651j:plain

 いざ開封!

パカリと開けるとすぐにご対面!

開けてすぐに端末が見える形は何だかアップルのパッケージを彷彿とさせます。

f:id:kerneln:20170409215253j:plain

最近のガジェット機器やゲームソフトなどにも言えることですが、

やはり紙の説明書は入っておらず、箱の外側に簡易的な説明が記載されているのみで、随分簡素化されている印象です。

f:id:kerneln:20170409215955j:plain

付属品類

本体とジョイコンの下には付属品類が入っていました。

f:id:kerneln:20170409220404j:plain

付属品(本体+ジョイコン含み)としては、

  • 本体
  • ジョイコンLR
  • 充電等で使うドック
  • 電源
  • HDMIケーブル
  • ジョイコングリップ
  • ジョイコンストラップ

これが付属品類の全てのようです。

f:id:kerneln:20170409221318j:plain

本体とジョイコンの合体!

本体とジョイコンを合体させてみました。

f:id:kerneln:20170409221939j:plain

青と赤のジョイコンがコントラストになっていて、意外といい感じです。

はめてみた感じもスムーズで付け外しに煩わしさは感じませんでした。

ただ、実際に外で使用したわけではありませんので、もっと頻繁に取り外しなどをしてみると、煩わしさを感じる可能性はあります。

充電・外部出力用のドック

今回、スイッチ本体を充電したり、テレビやモニター等に出力するためには付属のドックを使用する必要があるようですが、どのような仕様になっているのか見てみましょう。

 

ドックの背面をパカリと開けてみるとこんな感じになっていました。

f:id:kerneln:20170409222915j:plain

上から本体充電用の電源接続端子、LAN等を仲介するために使うUSBポート、外部出力用のHDMIとなっています。

 

実際にケーブルを接続してみました。

f:id:kerneln:20170409223327j:plain

ケーブルを指しても外にまとめられるようになっているのはいいですね。

ケーブルが煩雑になってしまうのを防いで綺麗にまとめられるので、見た目的にも機能的にも両方に優れています。

f:id:kerneln:20170409223851j:plain

※WiiUと同じでLANで直接使用する場合は、別売りのLAN接続用のUSB機器が必要となりますので、ご注意ください。

 

実際に遊んでみた感想!

初期設定やらあれやこれなどは他のゲーム機と変わりなかったので割愛しました。

f:id:kerneln:20170409224601j:plain

 

ちなみに本体と一緒に「ゼルダの伝説」も買いました。

正直、ローンチタイトルでやりたいソフトが全然なかったので、ゼルダを買ったというところはあります。

 

実際にプレイをしてみた感想ですが、

画面の発色なども申し分なく、非常に綺麗で快適にプレイ出来ました。

ただ、WiiUのゲームパッドのように厚みがありませんので、長時間プレイすると指が痛くなってくる感じは若干感じましたので、少し注意は必要かもしれません。

 

ジョイコン自体の持ち心地などもマット素材で持ちやすく、また、Wiiの二の舞いにならないよう、最初から手首につけるストラップもついています。

f:id:kerneln:20170409225937j:plain

本体をドックに挿してみた。

実際にドックを設置して、本体を挿してみたところです。

f:id:kerneln:20170409230142j:plain

 ※配線が汚くて申し訳ありません・・・ケーブルの配線って面倒ですよね・・・

 

本体をドックに乗せると底面からUSB-Cの端子が出て来ますので、そこに合わせて本体を接続することで充電や出力が出来るようになりました。 

自分はいい大人なので問題はありませんが、子供たちが乱雑にドックに挿そうとすると画面に傷がついてしまうような気はしますので、ドックに挿す際は多少、注意は必要かもしれません。

まとめ

まだまだ、ローンチタイトルのソフトも少ないですし、WiiUと比べてバーチャルコンソールの種類も少ないので、やりたいソフトなどがなければ、すぐすぐ買う必要性はないかもしれませんが、今後期待の「スプラトューン2」や「マリオオデッセイ」など非常に面白そうなソフトも控えていますので、ゲーム好きの方などは買ってみてもよいかと思います。

 

また、現段階ではPS4やWiiUなどでも使用できていた映像配信サービスの「Hulu」や「Youtube」なども使用できないようですので、今後、アップデート等で追加されることを期待します。

 

それでは、また!