いーぐるじゃんぷ

個人的に気になるガジェットやゲーム、日々の雑記などを紹介するブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

賃貸でも手軽に壁を有効利用!ディアウォールの紹介!

賃貸に住んでいるけど、もっと壁を有効利用したい・・・・そんなことを思ったことはありませんか?

今回は賃貸でもお手軽に壁を有効利用して、収納場所の増設や部屋のアレンジが出来るアイテムを紹介します。

 

ディアウォールとは

ディアウォールとはツーバイフォー材と呼ばれる木材を突っ張り棒のような形で簡単に壁に立てかけるように出来るアイテムの名称です。

 

今回の目的

今回は我が家のギターを壁掛け仕様に変更するために実際にツーバイフォー材とディアウォールを用意したので、私がどのようにギターを壁掛けにしたのかをご紹介していこうと思います。

木材の調達

木材を調達する方法は色々ありますが、今回はホームセンターでツーバイフォー材を購入してきました。

ホームセンターでの購入だと、カットも格安でやってもらえるので、近場にホームセンターがある方はカットまで行ってもらうのが楽でおすすめです。

f:id:kerneln:20170416235734j:plain

※ホームセンターでトラックを借りて自宅まで配送しました。

 

f:id:kerneln:20170416235904j:plain

※窓の開閉がくるくるするタイプなんて、教習所以来でしたww

搬入

f:id:kerneln:20170417000132j:plain

この木材にディアウォールを上下につけて壁に設置をします。

サイズについて

ディアウォールを設置する際は天井の高さに合わせてカットした木材が必要となります。

他の方のレビューでも記載されていますが、木材の高さはディアウォール推奨の-45mmよりも-40mmのほうがジャストフィットしますので、カットの際は-40mmでカットすることをおすすめします。

設置

ここで、実際に壁に設置をしてとんでもないミスをしてしまったことに気が付きました・・・・

f:id:kerneln:20170417000633j:plain

あれ・・・・何か天井の高さと全くあってなくね!?

はい、完全にカットの際にミスりました・・・・おっかしいな・・・・−40mmでカットしてもらったつもりなのに400mmでカットされていた・・・・というかなぜ気付かなかった・・・・

ただ、もう一度ホームセンターに行き、木材を調達しに行くほどの気力は残ってなかっったので、今回はこれを何とかして使用しようと思います。。。

 

ということで、何とか工夫をして設置してみた姿がこちらです。

f:id:kerneln:20170417001145j:plain

だ、だせえ・・・・しかも、ぐらぐらで不安感が半端ない・・・・

足りない高さを補おうとした結果、現状の最善策として突っ張り棒を使うという形で落ち着いたのですが、めっちゃださいし、ぐらぐらで不安感もあるので、後日、足りない高さ分の木材を調達してこようと思います。

ギターも設置して完成!

なんやかんやありましたが、実際にギターも設置してみたのがこちら。

f:id:kerneln:20170417001504j:plain

おお!割りといいね!突っ張り棒のださださ感を除けば非常に格好いいです!

ちなみにギターの壁掛けに使っているのは下記のものです。

 

 まとめ

今回はギターの壁掛けを目的としてディアウォールを使ってみましたが、ディアウォールを使えば、壁に棚を作ったり、テレビの壁掛け、自転車置き場、壁面収納など、幅広い利用方法があります。

それぞれ、お部屋の広さや利用用途に合わせて、いろんな使い方をしてみることがよいと思います。

 

それではまた!

【スポンサーリンク】