いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

「Nintendo Switch Proコントローラー」がついにやってきた!購入レビュー!

ついにあの商品が届きました・・・・!

 

そう!店頭でもアマゾンでもずっと品切れで買えなかったあの「Nintedo Switch Proコントローラー」が我が家にもやってきましたので、今回は実際に使ってみた感想や外観などを簡単にご紹介しようと思います!

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

いざ!開封!

前置きを色々と書いてしまう前に早速ですが、開封!

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

箱の中にはシンプルに本体と充電用のUSBケーブルのみが入っており、コンパクトな作りになっていますね。

 

そして、このもふもふの袋を取ると・・・・

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

ドドーーン!ついに登場!Proコントローラーさん!

スケルトンな外観が小さい頃スーパーで売ってた玉手箱(謎のおもちゃくじ)で当てたゲームボーイカラーのスケルトンverを彷彿とさせますね。

 

ケーブルも合わせて開封するとこんな感じ。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

ちなみにこのUSBケーブルですが、Nintendoさん純正のロゴが入っており、地味にかっこいい感じになっています。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

実際に持って触ってみた

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

うーむ、Joy-Conグリップと違い圧倒的なまでの持ち心地のよさがたまりませんなー。

コントローラーに適度な重さがあるので、ホールド感もあり、これなら快適にゲームがプレイできそうな気がしますね。

 

ボタンもSwitch純正コントローラーと違い、大きく押しやすいので今までのように長押ししてると指が痛くなるという現象もこのコントローラーであれば、起こらないのではないでしょうか。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

Joy-Conグリップ(純正コントローラー)との比較

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

こうして見ると、形状も大きさも結構違いますね。

やはり、純正コントローラーと比べるとボタン、スティックの大きさがかなり違うので、非常に使いやすそうです。

 

上からみるとこんな感じです。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

LRボタンもかなり大きいので、これでマリオカートをすれば、アイテムホールドもやりやすそうですね。

 

実際に本体と接続して使ってみました

まずは、Proコントローラーを本体に認識させる必要がありますので、付属のUSBケーブルをドックの側面にありますUSBポートに接続します。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

接続するとこんな感じになります。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

反対側のUSB-CのケーブルはProコントローラー本体の上部についてるポートに差し込みます。

 

しっかりと接続が出来ているようであれば、Switchのコントローラー接続にこのような画面が表示されるはずです。

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

 

Proコントローラーで試しにマリカーをやってみた

Nintendo Switch Proコントローラー レビュー

こ、これは使いやすいぞ・・・・!!

通常のボタンも大きいので軽い力で押してもずれることはないし、LRのホールド感も純正コントローラーと違い、しっかりしているので非常に扱いやすい・・・・

 

まとめ

結論からお伝えすると、個人的には買って良かったです!

純正コントローラーの扱いづらさは前から気になっていたのですが、このProコントローラーであれば、その辺りの不満点はほぼ解消されるので、ゲームをガッツリと長時間やりこみたいという方にはぜひオススメします!

細かいことを言えば、ホームボタンやスクショのボタンが大きいぶん、少し遠くなったので、押しにくくはなりましたが、ゲームのプレイに直接関わってくる部分でもありませんので、私としては、ほぼ気になりません。

今後はスプラトゥーン2も控えていることですし、Switchをお持ちの方はこれを機に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それではまた!

【スポンサーリンク】