いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

【隠れた名作】DARKER THAN BLACK-黒の契約者-はハードボイルド好きには一度は見てほしい作品!

こんばんは、あおばです。

 

みなさんは映画やアニメで好きなジャンルってありますか?

恋愛、日常、戦争、SF、アクション、ハードボイルドなどなど作品にはそれぞれ、ジャンルがあってその中から好きな物を選んでみていますよね。

 

私は中でも「SFやハードボイルド」などといった人間ドラマや心理描写が多くて、シナリオ設定などが細かい作品が割と好きでよく見たりしています。

 

今回は、DARKER THAN BLACK-黒の契約者-というジャンルとしてはダークハードボイルドに位置するアニメーション作品を久々に見返したら、やっぱり面白かったので、簡単にですが、どんな作品なのかを紹介していこうと思います!

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 感想

DARKER THAN BLACK-黒の契約者-とは

DARKER THAN BLACK-黒の契約者-とは、アニメーション制作会社「BONES」が制作を行い、2007年4月から同年9月までTV放送されていたオリジナルアニメーション作品です。

作品自体のシナリオ設定なども非常に奥深くて、面白いのですが、特に人間ドラマや心理描写がとても丁寧に表現されており、話数を重ねるごとにどんどんと作品の世界に引き込まれていきます。

あらすじ

10年前突如東京を襲った異変、通称「地獄門」(ヘルズ・ゲート)といわれる未知の領域が出現したその時からこの世界は本当の“空”を失い、夜空を覆う満天の星空は偽りの星達のものとなった。また、時を同じくして「契約者」と呼ばれる、特別な能力を身につけた者達が現れはじめる。人間らしい感情や「契約対価」という代償と引き換えに、人外の能力を得た存在である彼らを利用して、このゲートに関する情報を得ようと、各国の諜報機関が東京にエージェントを送り込む。 主人公・黒(ヘイ)もまたそうした契約者の一人である。彼はある“組織”に所属しており、他の諜報機関などからは「BK-201」または「黒の死神」と呼ばれている。そして、同じ“組織”のメンバーである銀(イン)・猫(マオ)・黄(ホァン)と共に、ゲートに関連する情報を集め“組織”の任務を実行している。

奥深い世界観と人間ドラマが本当に面白い

やはりオススメなのは作品全体を通してのこの世界観と人間ドラマです!主人公の「黒(ヘイ)」を中心として個性的なキャラクターが様々登場して物語が進行していくのですが、記憶に残らないキャラクターがほとんどいないと言ってもいいぐらい、毎話ごとに登場するキャラクターの密度が濃いです!

黒達が所属する組織や日本の警察、外部からのエージェント、どこをとっても、キャラクターそれぞれに戦う理由や思いがあり、それを毎話ごとにしっかりとピックアップしてくれるので、各話のキーキャラクターは非常にキャラが立っています。

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 感想

戦闘シーンの動きが素晴らしい

え?人間ドラマや心理描写もわかるけど、肝心の戦闘シーンはどうなのかって?・・・・

こちらも勿論、ものすごく丁寧に描写されていますよ!主人公である黒が主に使用する武器はワイヤーと片手剣なのですが、そのワイヤーを使って塀や壁などを素早く移動したり、別の場所にフックを投げてワイヤーで吊るして移動するなど、アサシンクリードかのような華麗な動きと描写は見ていてとてもハラハラするほどです!

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 感想

特に好きなキャラクター

黒(ヘイ)や銀(イン)、猫(マオ)など、組織のメンバーはみんな好きなのですが、その中でも割と好きなキャラクターが「黄(ホアン)」と呼ばれる黒(ヘイ)が所属する組織のチーム責任者が好きです。

この「黄(ホアン)」はチームの中で唯一の何の能力も持たない一般人なのですが、この黄(ホアン)の人間臭いシーンなどがよく描かれていて好きなんですよねー。

契約者やドールは仕事の道具と割り切って使っているつもりではいるのですが、どこかでそんな風には思えない自分がいたり、とある話数では黄(ホアン)が恋人を助けるために奮闘したりなど、組織の中でも一番、苦労が絶えないキャラクターだったと思いますが、そんなところも味があって非常に好きなキャラクターです。

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 感想

アマゾンプライム会員なら1期、2期ともに見放題!

このDARKER THAN BLACK-黒の契約者-ですが、アマゾンプライム会員ならなんと全話視聴することが出来ます!ぜひ、まだ見ていない人は見てみましょう!ハードボイルド好きは必見です!

また、1期のその後を描いたDAKER tHAN BLACK-流星の双子-という2期目の作品もプライムビデオで視聴することが出来るので、そちらも要チェックです!

まとめ

正直、1回見たぐらいでは「ん?何かよくわからん・・・」となってしまう可能性も十分にあるくらい奥深い作品ですが、奥深い作品は設定を理解すればするほど面白くなっていきますので、一度は見てほしい作品の一つです。

また、この作品の監督である「岡村天斎」と言えば、今回のDARKER THAN BLACK以外にも「ビビッドレッド・オペレーション」や「世界征服~謀略のズヴィズダー~」なども手掛けられており、幅広いジャンルで監督をされています。上記の2作品に関しては、DARKER THAN BLACKとは違い、作品としてはかなりポップで明るめなシナリオですが、個人的にはこちらもすごく好きでした。

最後に

劇版も最高なので、ぜひ音楽にも注目してみて欲しいです!

 

それでは、また!

【スポンサーリンク】