いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

手首の負担軽減!Kickflip(キックフリップ)の使用3ヶ月レビュー!

スポンサーリンク


こんばんは、あおばです。

 

ノートパソコンで作業をしている時に「もうちょいキーボードに角度欲しいな……」って感じる瞬間ってありませんか?

 

そんな角度の問題を解決すべく購入したキックフリップを3ヶ月程使用して見ましたので、使い勝手などのレビューをしていこうと思います。

 

Kickflip(キックフリップ)

Kickflip(キックフリップ)とは

そもそも、キックフリップとは何ぞや?という方もいらっしゃると思うので、簡単にご紹介しようと思います。

 

キックフリップとはMacBookシリーズに向けて作られた角度調節が出来るエアスペーサーのことで、本体自身に角度をつけることで楽な姿勢で作業が行えたり、手首の負担軽減が狙いの商品です。

 

まぁ、つまりは「手首の負担軽減しながら楽な姿勢でキータッチが出来る商品」です!

装着感について

Kickflip(キックフリップ)

実際に商品をマックに装着してみるとこんな感じ。

背面には取り外し可能な吸着テープがつけられており、簡単に装着をする事が出来ます。

 

Kickflip(キックフリップ)

スタンドを閉じた状態だとこんな感じ。

大きく厚みが変わったりすることはありませんが、この商品を装着すると通常時でも気持ち、マックに角度がつくようになります。

 

Kickflip(キックフリップ)

スタンドを開いた状態にするとこんな感じ。

このような感じでスタンドを開いた状態にすると結構角度がつきますので、平面でキーボードを打つよりも圧倒的に打ち心地は向上します。

ケースにも無理なく収納可能

Kickflip(キックフリップ)

私が持ち歩き時に愛用しているAmazonのスリーブケースにも難なく収納できます。

特に収納時に引っかかる感じなどもありませんので、よほどキツキツのケースでもない限りは邪魔になる可能性は低そうです。

3ヶ月ほど使ってみて

以前まではキーボードが完全にフラットな状態だったので手首の角度やキータッチのしづらさを感じる瞬間もありましたが、キックフリップを導入してからはそういった部分を気にする事がほとんどなくなりました。

また、最初の頃はヒンジの強度などにもかなり疑問視していましたが、そこはそれなりに頑丈に作られており、今のところ私はスタンドのヒンジが折れるなどの不具合はありません。

※過度な圧力をかけると折れる可能性は十分ありますけどね・・・・

実は・・・・

もしかしたら、お気づきの人もいたかもしれませんが、実は私が使っているキックフリップですが、純正のものではありません・・・・

というのも、正直、使い勝手の部分で純正との違いがあまりにも感じられなかったというのと、私が使っているスタンドが既に在庫切れで販売停止しているようですので、ひとまとめにキックフリップとしてのレビューとしました。

まとめ

手首のダメージや姿勢が気になっている方やMacBookシリーズの使いの方は一度検討してみてもいいのではないでしょうか。

仕様としてはMacBookシリーズを推奨していますが、サイズさえ合えば他の端末にも使えると思いますのでマカーじゃない人も検討の余地はあるかと思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク