いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

悩んだらこれ!初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」のレビュー!

スポンサーリンク


初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

どうも、永遠のカメラ初心者、あおば(@aobalog)です。

 

レビュー用の商品撮影とかする時って色々と角度をつけて撮影したりするので、「このアングルのショットが欲しいけど、セルフでは限界がある・・・・ぐぬぬ・・・・」見たいなシーンが地味にありませんか。

そんな時に「三脚があったらもう少し撮影に幅が出るのに・・・・」って感じており、良さげであんまり高くない三脚はないかなーと探していた時に見つけた三脚が「SLIK GX6400」です。

 

今回は僕みたいな初心者でも簡単に扱えて機能満載でおすすめな三脚「SLIK GX6400」を購入して感じた、おすすめポイントやイマイチな点などを紹介していきますよっ!

パッケージ

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

Amazonさん安定の素の状態で着弾。

表面には対応カメラのタイプと商品名がドーンと主張しています。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

背面?には三脚の主な仕様や「SLIK GX6400」の特徴などが記載されています。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

今回購入した「SLIK GX6400」ですが、三脚の足を伸ばすと最長で154cmもの高さになるようで、かなりの高さに対応してくれます。

開封の儀

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

といっても付属品はシンプルで「三脚本体と収納用のケース」のみです。

収納用のケースはあくまで付属品というレベルでついてるケースなので、ペラペラとしており、ガッツリと持ち運ぶとなると少し心もとない感じです。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

雲台のすぐ下の部分には「SLIK GX6400」というロゴが大きく張ってあり、中々主張が激しいです。

「SLIK GX6400」が便利な5つのポイント

① 3WAYタイプの雲台でスムーズな可動

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

左右へのパン振りも取っ手のアームを用いれば簡単に。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

垂直に構えるなんてことも可能。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

上下の可動も余裕なので真下の撮影も可能。

② クイックシューの取り付けがコイン式ではなく蝶ネジ式

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

たまにコイン式のクイックシューを見かけるけど、あれってめっちゃ不便ですよね。

それに比べてネジ穴式のクイックシューなら取り外しも取り付けも非常にスムーズに行えてかなり重宝します。

③ 最長154cmでかなり汎用性が高い

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

高すぎて画角に入り切らないので縦撮影をせざる負えないほど・・・・

ただ、MAXまで足を伸ばすと少し骨組みがたわむなーと感じるシーンもあったので、あんまり力を入れすぎるのは危険かもしれません。

 

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

ちなみに最小サイズはこんな感じ。

床にものを置いて撮るときなんかはこっちのが便利そう。

④ 高さ調整がギア式エレベーター(ハンドル)で簡単調節

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

こんな感じでつまみを持ってクルクルと回すだけで簡単に高さ調節が可能なので、ちょっとした微調整なども非常に簡単に出来ます。

⑤ 水平軸が分かるレベラーつき

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

三脚の足って中途半端な高さにした時に水平のバランスを取るのが地味に大変なんですけど、水平が見れるレベラーがついているのが中途半端な高さでも簡単に水平が合わせられて便利です。

「SLIK GX6400」を選んだ理由

三脚といえば、ManfrottoやVelbon、Kenko、SLIKあたりが有名どころかも知れません。

その中でも初心者にも扱いやすそうでお値段もお手頃・・・・となるとSLIKが正直一番安定しており、選びやすかったのと3WAYで自由雲台でなく、クイックシューもネジ穴式で楽という部分などを考慮して選びました。

 

正直、メーカ名などに全くこだわらないのであれば、近しい機能を搭載した三脚がAmazonで販売されているのですが、やっぱりどうせ使うのであれば、少しでも安定したものを使いたいと感じたので、私はこちらの三脚を選びました。

扱いづらいと感じる部分

初心者におすすめの三脚「SLIK GX6400」

ちょっと微妙だなーと感じた一番の部分は足を伸ばしたり縮めたりするときの関節のスムーズさがほぼないということ。

写真で写っているレバーを解除すれば足を伸ばしたりすることが出来るのですが、レバーを解除して持ち上げても足が自然には流れてこずに自分で引っ張って伸ばさないとスムーズに伸びないというところが少し気になりました。

地味な部分ではありますが、レバーを解除してそのまま「スルスルー」っと足が伸びてくれるのは便利なので、出来ればそうなって欲しかったところです。

まとめ

デメリット部分も少しお話しましたが、総じて非常に満足しております。

室内のみに限らず、外でもガツガツと使っていけそうな機能も満載なので、これから外で写真を撮る機会などがあれば、この三脚を使っていこうと思います!

「三脚欲しいけど何がいいか分からない・・・・」「有名なメーカーの三脚がいいけど、あんまり高いのはちょっと・・・・」という方はぜひ「SLIK GX6400」を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazon価格であれば約3000円程度で購入が出来ますので、お試しにはもってこいぐらいの価格だと思います! 

 

 それでは、また!

スポンサーリンク