いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

【番外編】東京ゲームショウ 2017(TGS)で気になったインディーズゲームを紹介します!

東京ゲームショウ、TGS、インディーズ

どうも!あおば(@aobalog)です!

 

前回、東京ゲームショウ2017に参加してきた感想などをレポートしましたが、その際に伝えきれなかったブースに「インディーズゲーム」のブースがあります。

 

正直、大手のメジャータイトルよりもインディーゲーム目当てで東京ゲームショウに参加している節も無きにしもあらずというぐらいにはインディーゲームが好きなので、今回は東京ゲームショウ2017で気になったインディーゲームをレポートしていこうと思います!

www.eagle-jump.site

今回いただいたパンフレット等

東京ゲームショウ、TGS、インディーズ

うーむ、素晴らしい・・・・(恍惚な顔)

メジャータイトルのパンフレットなどと違って小さいチラシや名刺のみという方も多かったのですが、やはりインディーズゲームのパンフなどは独自性や独創性が感じられて非常に好きです。

また、インディーゲームの展示あるあるかも知れませんが、作品を展示している方の約半分以上は日本人ではなく外人の方なのも特徴かもしれません。

インディーゲームと一口で言っても通常のコンピューターゲームだけでなく、VRなどの体感ゲームからカードゲームなど幅広い展示がされており、今年も最高にワクワク出来ました。

気になったインディーゲームタイトル

Strange Telephone(ストレンジテレフォン)

東京ゲームショウ、TGS、インディーゲーム

このゲームは既にiOSデバイス用のアプリとして販売されているゲームですが、プレイしたことがなくて気になっていたので気になったタイトルとしてご紹介します。

「ワールド自動生成型 脱出アドベンチャーゲーム」というキャッチで2Dのドットキャラクターを操作して何かから脱出することが目的のゲームのようです。

PVなどを見る限りでは雰囲気としては以前流行ったフリーゲームの「ゆめにっき」が近いイメージかも知れません。

実際に「ゆめにっき」のような意味深な設定などがあるのかはプレイしてみないと分かりませんが、個人的には非常に好きな雰囲気でもありますので、時間がある時に購入してプレイしてみようと思います。

Strange Telephone

Strange Telephone

  • Yuta Yamamoto
  • ゲーム
  • ¥480

NOAH

東京ゲームショウ、TGS、インディーゲーム

やっぱり2Dドットのゲームは最高すぎる・・・・

こちらのゲームは「ノーマナ・インタラクティブ」という東京のゲーム制作集団によって制作されているゲームです。

基本スタイルはオーソドックスな2Dアクションゲームなのですが、レベル要素であったり、主人公の魔女ノアが魔法(銃)をぶっ放しつつ進んでいくという爽快なゲーム性に非常に惹かれました。

PVを見る限りでは2018年度に「Steam」での配信を予定しているようですが、パンフには「and more」という記載もありますので、iOS等での配信も期待して良いかも知れません。

nomana-game.tumblr.com

Juicy Realm

東京ゲームショウ、TGS、インディーゲーム

この前に紹介していたタイトルの開発者さんは日本の方でしたが、こちらの「Juicy Realm」は外国の方が開発をされているゲームです。

展示されていた試遊機もプレイさせてもらったのですが、メイプルストーリーやラテールなどのゆるーいキャラクターデザインではあるのですが、ゲーム性は結構シビアで真ん中にいる丸メガネをかけた主人公がいろんな銃器をぶっ放しながら敵を倒して進んでいくというスタイルです。

個人的な見解かも知れませんが、外国の方が開発されるゲームってこんな感じで、ゆるいキャラクターが銃や剣を振り回してハードアクションをするゲームが多い気がします。

2018年度の配信予定でPCタイトルを予定しているようですが、こちらも配信開始になるのが楽しみですね。


Juicy Realm Gameplay Demo

常世の塔(トコヨノトウ)

東京ゲームショウ、TGS、インディーゲーム

今回のインディーゲーム展示で一番気になったタイトル「常世ノ塔」です。

※シールをいただきましたので、自前のMacに貼らせてもらいましたww

こちらも基本的なゲームスタイルは2Dアクションゲームとなっており、オーソドックスなスタイルではありますが、イラストの美しさやキャラクターの可愛さも去ることながら、大きな特徴として24時間ごとに変動する「自動生成ダンジョン」というのが非常に気になる要素でもあります。

毎日自動的に生成されるダンジョンのおかげで常に新鮮な気持ちでプレイ出来るスタイルに加えて、クラウド機能に対応しており、自分以外の他のユーザーが死んだ場所なども記憶して、コメントなども残せるそうで、プレイ次第ではかなりユニークなゲーム画面になりそうですね。

 

東京ゲームショウ、TGS、インディーゲーム

開発していらっしゃるのは絵描き兼プログラマーという「さえばしさん」という方。

「常世ノ塔」も好みのゲームスタイルですが、さえばしさんが描かれるイラストもすごく可愛くてゲームの良さを存分に引き出していますね。

2017年内にPC / Mac / iOS / Androidでの配信を予定しているようですので、配信が開始されたら私も購入させていただこうと思います!


常世ノ塔~The tower of permanently~ First trailer

まとめ

今回紹介させてもらったタイトル以外にも面白そうなタイトルはいくつかあったのですが、特に気なったタイトルとしては上記が印象深かったです。

やっぱりインディーゲームは独創性のあるタイトルが多くて、非常に面白いですね。 

今回は東京ゲームショウでのインディーゲームブースに参加しましたが、インディーゲームのみの展示会なども定期的に開かれているようですので、ぜひ、行ける範囲で開催されていれば参加していろんなゲームを体験して見たいものです。 

 

それでは、また!

【スポンサーリンク】