いーぐるじゃんぷ

管理人が気になっているガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

(`・ω・´)ゞ

気になるガジェットやゲームなどを紹介するブログ

【格安SIM】格安SIMに乗り換える前にいま支払っている携帯料金の見直しをしようと思う

スポンサーリンク


携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

格安SIMに変えたくてたまらない!あおば(@aobalog)です!


「格安SIMに乗り換えたら携帯料金が安くなりました!」「今まで支払っていた料金はなんだったんだ!」格安SIMの記事を見るとこんなコメントをよく見かけませんか?

かくいう私もこういう記事やサイトを見て、「格安SIMめっちゃええやん!乗り換えるしかないで!」とやる気に満ち溢れていたのですが、「そもそも自分って毎月 or 年間で携帯代にいくら使ってるんや・・・・?」というふとした疑問が湧いてきました。


今回は個人的な備忘録も兼ねて、格安SIMに乗り換えたい私のいまの携帯代がいくらなのかの調査と格安SIMに乗り換えたら実際にいくらぐらいになるのかを調べてみようと思いますっ!

契約キャリアについて

現在は「Docomo」にて回線の契約をしています。

高校生ぐらいから契約してずーっとDocomoからキャリア変更をしていませんので、継続利用期間は「約8年」というそこそこ長めなミドルユーザーです。

といっても長いからと言って何かアドバンテージがあるという訳ではありません。一応「Docomo」には「ずっとドコモ割」というサービスがあるのですが、MAXで15年間ドコモを契約している人でも※600円〜800円の割引額しかないので、長く契約をしていることに大きなメリットはないといえます。(※データパックプランを契約している場合)

現在の支払料金について

現在「Docomo」にて回線の契約しているのは下記になります。

  • iPhone6s(端末代分割支払い)
  • iPad mini4(端末代分割支払い)

両端末ともドコモでの回線を引いており、iPadも単体で通信が出来るモデルとなっています。通信自体は回線をシェア出来るシェアパックを使っているので、それぞれでデータプランに加入している訳ではありません。

iPhone6sの料金

携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

うーん、高い!これは高いですね!

端末の分割代を差し引いたとしてもこれは高いっすわ・・・・

iPadmini4の料金

f:id:kerneln:20171119172731j:plain

端末代を差し引けば実際にかかる金額は基本料金ぐらいなので、こちらは割りと低価格で運用出来そうです。

ただ、iPadmini4を外に持ち出すことがほぼないのと、外でもモバイルWiFiを持ち歩くことが多いので、そもそもこちらの契約は解除しようと考えてます。

月額の合計料金

携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

こちらが現在、諸々のプランなどを含めて支払っている料金!マジたけえ!

月ごとに多少の変動があるとしても、今年の1月からカウントして12月までだと年間の合計金額が・・・・「181,572円!!」

これはなんとかしねえとダメだ・・・・年間の携帯代で18万とかうまい棒でいうなら部屋中をうまい棒で埋め尽くしてもまだ余るぐらいだよ・・・・

乗り換えを検討している格安SIMについて

格安SIMの会社って正直多すぎて「ワケガワカラナイヨ(;´∀`)」って感じなのですが、自分なりにいくつか調べてみて、良さそうなものをピックアップしてみました。

LINEモバイル

携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

あの有名なLINE社が運営する格安SIMということで、注目を集めていますが、特に注目すべきなのは、LINE・Twitter・Facebook・Instagramはデータ消費ゼロという「コミュニケーションフリープラン」です。

現在、主流のSNS関係に関しては、全てデータ消費なしという太っ腹のプランなので、データ通信の主な利用用途がSNSの人であれば、最強の格安SIMといえます。

私の場合は、動画視聴やゲームアプリでの通信のほうが多い気もするのですが、LINEやTwiiterは頻繁に使用するので検討の余地はありそうです。

mineo(マイネオ)

携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

現在、乗り換えの最有力候補としているのがこちらの mineo(マイネオ)です。

他の格安SIMにはないユーザーに寄り添ったサービスが話題となっており、余った容量があれば翌月に繰り越して使うことが出来たり、「フリータンク」と呼ばれるmineoユーザー全体でパケットをシェアして容量が足りなくなったらそこから1GBまで引き出すことが出来るサービスなどユーザーの声をしっかりと反映してくれるのが特徴ともいえます。

また、au・Docomoの回線を使用している人ならそのまま手軽に乗り換えることが出来るので、乗り換えハードルも低くて良さげです。

イオンモバイル

携帯料金、比較、見直し、格安SIM、ドコモ

あのイオンが運営する格安SIMであるイオンモバイル。

個人的にいいと思ったのがライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広く対応できる通信容量のプランがあることです。

データプランであれば、最低の「データ1GBプラン:480円」から最大で「データ50GBプラン:10,300円」まで対応しており、ガンガンと携帯だけで通信したい人も安心して使用出来そうです。

格安SIMで年間の携帯代を算出した場合

今回、乗り換えの最有力候補としているmineo(マイネオ)の「デュアルタイプ(データ通信+音声通話)」の6GBプランで計算した場合、月額「2,190円」なので、年間にすると「26,280円」となります。

つまりは、現在の年間代金の「181,572円」ー「26,280円」で計算すると・・・・「155,292円」もの差額が発生します!

これは凄まじすぎる。15万もあれば余裕で旅行に行けちまいますぜ奥さん・・・・

格安SIMに乗り換える上での唯一の懸念点

基本的には料金も安くなるし、大手キャリアのような重たい契約の縛りなどもないので、格安SIMに乗り換えることはメリットが多いのですが、乗り換える上で気になるのがこちら。

大手キャリアのような24時間のかけ放題プランがない

完全にないという訳ではないようですが、基本的には5分〜10分程度のかけ放題サービスが主流。

お昼時などは通信速度が下がる場合が多い

大手キャリアの回線を間借りしている兼ね合いで、どうしても回線の使用が集中する時間帯は速度が低下してしまう可能性が高いようです。

まとめ

大手キャリアには値段なりのサービスがありますし、一概に「格安SIMが最強!」とは言えませんが、単純な通信費で比べた場合に大手キャリアよりも格安SIMの方が圧倒的に費用を抑えられるのも事実です。

私自身もすぐに乗り換えるという訳ではありませんが、現在の通信料は本気で見直しを図っていきたいので、色々と計画を練っていこうと思います。最終的には月額の携帯代は「月:3000円〜5000円」ぐらいまでにはしたいので!


それでは、また!

スポンサーリンク