いーぐるじゃんぷ

気になるガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

【激安】初めてのスマートウォッチにおすすめ!安価で高性能な「Xiaomi Mi Band 2」の開封レビュー

スポンサーリンク


スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

どうも!あおば(@aobalog)です!

以前から気になっていたけど、なかなか購入に踏み切れなかったものがあります。そう、「アクティビティトラッカー」がついているスマートウォッチです。

アクティビティトラッカーといっても有名どころだと「Fitbit」や「GARMIN」などが有名ですが、どちらも1万円から2万円程度とお試しで買うには少し高い価格帯で購入を躊躇してました。

そこで、いつもお馴染みのアマゾンを調べてみたところ中華製のアクティビティトラッカーが大量に出回っており、これならば価格帯も3千円程度でお試しにはちょうどいいと考え、評価が安定していた「Xiaomi Mi Band 2」というスマートウォッチを購入してみました。

今回は3千円という価格帯にもかかわらず、機能盛りだくさんで尚且電池持ちも良いアクティビティトラッカー兼スマートウォッチの「Xiaomi Mi Band 2」を購入してみましたのでレビューしてみようと思いますっ!

購入した理由について

私は普段、仕事でもプライベートでもSONYの「wena wrist」というスマートウォッチを愛用しているのですが、私が使っている「wena wrist」には歩数計こそついているものの、その他のアクティビティ機能はついていません。

アクティビティ機能に特化したwenaも販売されてはいますが、それも約3万円と高価なので試すにしてはかなり高価です。

「中華製のアクティビティトラッカー」であれば、3千円〜6千円ほどの価格帯で心拍計や睡眠ログに加えて、基本的な活動ログは全て備えており、機能も申し分なく、お試しをするには打ってつけの値段なので購入を決意。

勿論、高価なアクティビティトラッカーには値段に見合うほどの機能が備わっていますが、日常的に付けるようになるか分からないものに何万も払うのは少し気が引けますので、今回は安価な中華製のアクティビティトラッカーを購入してみました。

安かろう悪かろうにならないか心配はありますが、そこは先人のレビューを信じて購入したので、大丈夫だと信じたい。

www.eagle-jump.site

www.eagle-jump.site

開封の儀

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

箱は非常にシンプルで正面に商品画像が掲載されているのみ。

背面には中国語らしい言葉で商品説明文が書いてありましたが、中国語が読めない私には解読不可能です。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

箱を開けるとすぐに本体が登場。

下についているツマミを引っ張ると蓋が開けられ、中には基本的な付属品や説明書が同梱しています。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

付属品をすべて並べるとこんな感じ。

  • バンド兼ケース
  • Xiaomi Mi Band2 本体
  • 専用の充電ケーブル
  • 説明書(私が購入したものには日本語記載なかったです)

基本的なものはすべて揃っており、本体をケースに装着して腕につければ、すぐに使い始めることが出来るようになっています。

外観デザイン

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

本体のデザインは非常にシンプルで物理ボタンは左端の丸い部分のみ。

wenaと比べるとその小ささがより分かるかと思いますが、バンドをつけないと小さすぎて無くしそうなほどです。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

背面には心拍数を計測するための装置がついています。

3千円の価格帯で心拍数や睡眠ログまで取れるのですから、やはり高機能と言わざる負えない印象を感じます。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

ボタン側の左側面には充電用の端子が設けられています。

Xiaomi Mi Band2は通常のUSB単体では充電することが出来ず、専用のケーブルを介して充電を行う必要があります。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

専用ケーブルに装着するとこんな感じ。

ケーブルの先は通常のUSBになっているのでUSBハブなどに差し込めばそのまま充電することが出来ます。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

ちなみに私が購入したものは電池が完全に0の状態だったので、使い始める前に充電をしました。

ガジェット好きとしてはすぐに使えるように電池もある程度入れておいて欲しいところですが、海外製品なので、そのあたりは理由があるのでしょうね。

 

実際に腕につけてみた

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

付属のバンドに本体を装着して腕につけてみました。

ものすごくスリムっていうよりは腕につけるとしっかりと主張感を感じるサイズで大きすぎず小さすぎずといったところ。

流石に片腕にwenaと同時につけると重いので、しばらくは左手にwena、右手にXiaomi Mi Band2という形で使用してみようと思います。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

ちなみにバンドはシリコン製で柔らかく、アップルウォッチでいうスポーツバンドに近いものになっています。

装着感は悪くないのですが、若干作りはチープに見えるので気になる方は互換品のバンドの購入を検討したほうがいいかも知れないです。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

バンドはボタンのようになっており、穴に直接ブスッと差し込むことで利用できます。

手首細めの私がガシッと固定出来る位置まで固定すると穴が一つしか余らないので、女性でかなり手首が細い方だともしかしたら少し緩いかもといった印象もあります。

また、この穴が絶妙につけづらく、しっかりとバンドを固定して穴を狙わないといけないのは少し面倒に感じることがありました。

アプリ連携で機能が豊富に

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

スマートウォッチの醍醐味といえば、スマホとの連携機能ですが、もちろん「Xiaomi MI Band2」でも専用の「Mi Fit」というアプリが配信されており、アプリを通してスマホと本体の接続をすることが出来ます。

基本的にスマートウォッチとして求められる「着信通知・アラーム・アプリ通知」は設定出来るようになっているので、安価だからといって機能が物足りないというわけではありません。

 

アプリの設定も非常に簡単

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

最初にアプリを起動するとサインインを求められるので新規にアカウントを発行するかGoogleなどのアカウントを紐づけてアカウント認証を行います。

その後、接続アカウントの選択画面が現れるので「バンド」を選択して進みます。

 

スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2スマートウォッチ,安価,安い,Xiomi,Xiaomi Mi Band 2

バンドとの接続が完了するとすぐに本体アップデートが始まりました。といってもそんなに時間がかかるものでもなく、1分ほど待てばアップデートが完了し、これでスマホと接続して利用できるようになりました。

設定完了後は細かい通知の「ONOFF」はアプリ上で選択することが出来ます。

私の場合はアプリ通知や着信などはすべてWenaに通知してもらうので、あくまで「Xiaomi Mi Band2」はアクティビティトラッカーとして睡眠ログや歩数計、心拍数などを測ってもらうために使おうと考えています。

また、バンドを探すの機能であったり、歩数目標や目標体重の設定、各種アクティビティの測定など、アクティビティに特化した機能も幅広く対応しているので、スポーツ時にも活躍してくれそうですね。

どんな人におすすめなのか

こちらはタイトルにもある通り、安価だけど高機能なスマートウォッチが欲しい・・・という欲張りな人におすすめできる商品です。

3千円という安価な値段の割にしっかりとした通知機能やログ機能、各種アクティビティトラッカーにも対応しているので、アップルウォッチのような高価なものには手が出せないけど、スマートウォッチを体験してみたいという方であれば入門にもぴったりです。

若干、バンドのチープさは感じるもののデザインもそんなに奇抜でなく腕に馴染むシンプルなデザインなので、その点も評価できる点の一つですね。

まとめ

実際の使用感などはもう少し長く使ってみてから使用レビューとして記事にしようと思いますが、現時点では結構良さげなんじゃないかなーと感じてはいます。

今回の「Xiaomi Mi Band2」もケースを変えるなりすれば、それなりに高級感を出すことが出来るかと思いますが、最初からより高機能なものが欲しいという方は「Fitbit」などの有名メーカーを検討してもよいかと思います。

ただ、個人的にはスマートウォッチを継続して使うか分からない人であれば、お試しとして安価なスマートウォッチから入ったほうが高いスマートウォッチを買うときの判断材料にもなるかと思っているので、そのあたりも含めて検討した方が良いと思っています。