いーぐるじゃんぷ

気になるガジェットやゲーム、ハマっていることなどを紹介する自由奔放なレビュー系ブログ

【改造】キーボードだって可愛くしたい!キーキャップ交換で彩る新しいキーボードの世界!

スポンサーリンク


キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO,

キーボードも可愛く出来るん!あおば(@aobalog)です!

キーボードの世界は奥が深いもので少し前にやっとFILCO赤軸のメカニカルキーボードを購入した私はまだまだ初心者第一前線です。

ただ、そんな私がキーボードを使っていて気になってきたのが、そう、色です。

当たり前といえば当たり前なのですが、キーボードの色って基本的に1色のみでカラフルなモデルは市販だと売っていません。

でも、私は全面カラフルとまで言わずとも少しで良いのでキーボードをカラフルにしたいという憧れがありました。外国のキーボードの写真なんて見ようものならそれはもうそのキーボードの可愛さ、カッコよさに興奮冷めやらぬ日すらあります。

ということで、今回はそんなキーボードをカラフルにすることへの憧れが止められず、交換用のキーキャップを購入しましたので、私のキーボードが可愛くなる様子をご紹介したいと思いますっ!

可愛くするキーボードはこちら!

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

今回、キーキャップの交換を試みるのは「FILCO Majestouch Convertible2 赤軸」のキーボードです。

今のままでも無線に有線と使い分けが出来て便利ですし、赤軸独特の打ち心地が気持ちいいのですが、これでは可愛くありません。だって全面真っ黒なんですもの!

ただ、全面を丸ごと交換すると流石にカラフルになりすぎて大変かと思うので、今回は部分的にキーキャップの交換を行い、黒いキーボードにアクセントを着けたいと思います。

約500円で作る自作パームレストの記事はこちら

www.eagle-jump.site

今回用意したキーキャップ

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

キーキャップはネットで適当なものを買えば使えるというわけではなく、それぞれのキーボードのキースイッチに適合したキーキャップを選ぶ必要があります。

私が使っているFICOのキーボードは「Cherry MXスイッチ」という比較的有名なキースイッチなので、Amazonなどのネット通販でも入手はしやすいのですが、部分的なキーキャップで手頃なものが売っていなかったので今回はFICOのキーボードを販売している会社のオンライン通販で購入しました。

ダイヤテックオンラインショップには「Majestouch用」のキーキャップやアクセサリーなどが多数販売されているので私みたいなキーキャップ交換初心者で「Majestouch」を使っている人はオンラインショップを使ってみるのもおすすめす。

キーキャップの交換には専用の工具があると便利

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

手で引っこ抜いたり、何かしら平らなものでキーキャップを外したりも出来ますが、キーボードを傷つけてしまう可能性もありますので、キーキャップ交換は出来る限り専用の工具で引き抜くことをおすすめします。

 

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

工具があればこのように手軽にキーキャップを引き抜くことが出来ますので、今後もキーボードのメンテナンスやキーキャップ交換など何かしらの改造を考えている人は1本持っていても損はないと思います。

FILCOの工具はストロークがあって扱いやすいですし、500円前後の値段で購入できるので個人的には最もおすすめです。

いざ、キーキャップを装着していきます!

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

キーキャップを取り外してスイッチが見える状態になったら交換の準備は万端です!

 

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

今回使用するのは右側にある「黄色と赤」のキーキャップです。

他にも様々な色のキーキャップが販売されているのですが、あえて水色などの淡い色は選ばずに原色よりの色味をチョイスしてみました。

お洒落にしたいというよりはちょっとオモチャっぽくしたかったので今回はこの色味を選びましたが、水色とか緑も良かったので気になってます。

実際に可愛くなったキーボードがこちら!

キーキャップ,キーボード,改造,交換,FILCO

ほ、ほら、か、可愛いんんんん!!(気がする)

これはもう、あれです、誰が何と言おうと可愛いです。私にとっては可愛いんです。

ほら、普段、ムスッとしている女の子が休日は少しだけお洒落しているのを見るとトキメク時と同じぐらい絶妙なアクセントなんです!(例えが分かりづらすぎる)

まぁ、茶番は置いときまして。普通に赤と黄色が入るだけでも全面が黒いキーボードだったのでアクセントがついていいですね。

ちょっとした変更ではありますけど、こういうぷち改造見たいなの好きなので他にも良さげなキーキャップがあればもう少し色入れて遊んでみたい気持ちがより湧いてきます。

まとめ

キーキャップ交換って地味ですが、普段使っているキーボードの外観を変化させるのであればもっとも手っ取り早い方法でもあるので、キーキャップ交換が気になってた人は試してみてはいかがでしょうか。

送料入れて1000円以下で改造できたのでコスパ最強でした!

自作キーボードという世界を知った時の記事はこちら

www.eagle-jump.site